個性を出して差別化する|美味しいパンを作りたいなら教室へ行こう|プロから教わる作り方

美味しいパンを作りたいなら教室へ行こう|プロから教わる作り方

男女

個性を出して差別化する

テラス席

初心者でも始めやすい

さまざまな職種のなかで飲食店は起業がしやすいジャンルです。特に、カフェはほかのお店と比べると自由度が高いので初めての人でもやりやすいです。まず、すべての人が人生のなかで少なくとも一度はカフェを利用した経験あり、起業後の姿をイメージしやすいのが大きいです。自分が経営している姿がすぐに想像できるので、何が必要かなどを含めていろいろある段取りがかなりスムーズに進みます。また、自宅にあるちょっとしたスペースからでも始められるので、賃貸などにお金をそれほどかけなくて済むのも魅力です。そして、一番は個性を出しやすい部分が多くの人から支持される理由です。例えば、お茶と一緒にこだわりのパンやケーキをセットで売るのも可能ですし、これとは対照的に本格的なコーヒーだけで勝負するというワイルドなスタイルも可能です。カフェは経営者の人柄が現れやすく、裏を返せばほかのカフェと簡単に差別化できるのにもつながりますから、経営を軌道に乗せるのまでが短いです。

基本的な知識を身に付ける

カフェに必要な知識は独学でもひと通り学べます。ただ、趣味の延長線上を脱して、本格的にカフェの経営で生計を立てようと考えるのなら専門学校に行って基礎をきちんと身に付けるべきです。カフェの学校に行く利点は、リスクがほとんどない状態で経営に関する知識を習得できる部分です。確かに、すぐに起業をして、そのなかでいろいろな要素を少しずつ吸収していく形もあり、こちら側の方がより現場に近い生きた情報が得られます。ただ、初心者がいきなりこのステップに突入するのは大変で、倒産などの心配を気にせずに勉強ができる点を踏まえると学校に行ってカフェのイロハを学ぶのが得策です。また、いざ開業をした時にカフェの学校に行っていたという経歴がお客さんへの素晴らしいアピールにもなりますから一石二鳥です。新しくお店ができると興味を持って来店してくれるお客さんもいますが、当然その逆も考えられます。入ろうかどうかを迷っている人にとってカフェの学校を卒業したという過去は非常に安心で、最後の一歩を踏み出すきっかけとしては十分です。