すぐに現場に飛び出せる|美味しいパンを作りたいなら教室へ行こう|プロから教わる作り方

美味しいパンを作りたいなら教室へ行こう|プロから教わる作り方

男女

すぐに現場に飛び出せる

お寿司

すぐに練習に取りかかれる

子どもに好きな食べ物を聞くと必ずランキングのトップに来るのがお寿司です。日本の国民食ともいえるお寿司を握っているのが寿司職人です。寿司職人になるためにはお寿司屋さんに弟子入りをし、そこで数年から数十年の下積みを積むのが常識でした。しかし、寿司職人を養成する専門学校ができ、この流れがいま大きく変わりつつあります。専門学校に行く利点は、寿司職人に必要なノウハウを効率よく学べるところです。お寿司屋さんで修行をする場合にはシャリを握らせてもらえるまでに数年以上はかかると言われますが、専門学校なら入学して早々に練習がスタートします。上手にお寿司を握れるようになるためにはトレーニングを何回も繰り返す必要があり、すぐに練習に取りかかれる分だけ専門学校の方が上達は早いです。また、お寿司屋さんではお給料をもらう立場なのでお店に対する貢献が求められますが、専門学校は自分がお金を払っているので純粋に学ぶ作業に集中できます。

体験入学で雰囲気をつかむ

お寿司の勉強ができる専門学校の雰囲気を知る上でおすすめなのが体験入学です。取り寄せた資料を読むだけでもカリキュラムや授業の流れを把握するのは可能ですが、本当の意味でどんな場所なのかを理解するためには自分の目で見るのが一番です。また、寿司職人を目指す人のための専門学校にもいくつか種類があるので、そのなかでどこが適当なのかを判断する基準としても体験入学は使えます。授業の形式がまったく同じであっても伝える側の先生が変われば、受け取る側の印象も変わり、たくさんの講師陣から自分の価値観と近い人を見つけ出せると技術を習得するスピードはさらに加速します。ほかにも、卒業した後すぐに寿司職人として独立をして自分の店を持ちたいと考えているのなら、開業に対する支援のある学校を選ぶのも大切です。寿司職人になるためには専門学校に入ってからが勝負と思われがちですが、実際にはどこの学校に行くのかを考える段階から勝負は始まっています。